【戦後最悪】小林信彦・中原弓彦43【大本営発表】

1無名草子さん2016-09-17 17:07:23

はい43

5無名草子さん2016-09-28 17:34:24

>>1

ありがとう

85無名草子さん2016-10-19 18:10:12

・山本農水大臣

・沖縄の機動隊

今年の善人候補

87無名草子さん2016-10-21 12:41:03

>>85

安倍晋三

118無名草子さん2016-10-30 17:56:48

しかしなんだ。

「笑点」今日もつまらんな。

つまらなさ度最大で死人がでるのじゃないか。

みているのは田舎のじじばばばかりだろうな。

121無名草子さん2016-10-31 07:45:03

>>118

毎週毎週「笑点」つまらん「さんま御殿」つまらんと

ぼやいているけど観ないと言う考えは無いのかね?

こんな書き込みを見ることがつまらん

214無名草子さん2016-12-03 13:55:14

「オールディーズ三丁目の夕日」すばらしい映画だ。

真希タンの六ちゃん神演技だな。

215無名草子さん2016-12-03 14:43:55

>>214

オールディズじゃなくオールウェイズ

217無名草子さん2016-12-03 19:11:55

>>215

だから

そこは突っ込ませるための愛のボケ

だっての

もっとはやく気が付かないとね

221無名草子さん2016-12-04 00:28:10

>>217

後出しジャンケン

277無名草子さん2016-12-14 13:55:10

なぜ香川照之は東大出て役者なんかになったのだろうか?

浜木綿子は今どうしているのか。

287無名草子さん2016-12-16 13:59:36

>>277

早稲田ほどじゃないが東大は戦前から演劇が盛ん

香川の場合、東大に受かったら、芸能界なり、

その後の進路は好きにしなさい的なことを母親に言われたみたい

すっかり芸能史、映画評論家になってしまったね

それもいいんだけれど、自分も東京生まれ東京育ちなのでもっと語ってもらいたい

五輪だ、再開発だにすっかり嫌気がさしているんだろうけど

497無名草子さん2017-02-24 20:26:43

みんなが一緒に笑うと気分悪くなっちゃうんだろうな

選民意識強くて

515無名草子さん2017-02-27 08:59:40

日活の監督がアート映画の監督なんてことはないだろうと

おもっていたな、鈴木清順は。

522独り言a.k.aでんでん ◆rI5oCip.d6 2017-02-28 01:29:14

>>515

清順さんの場合、映画復帰後はむしろ逆に「でもオレが普通に撮ってもやはりみん

な嫌がるんだろ」と自覚してやってたのでは?

みんなが期待するのはあくまで「あの『殺しの烙印』で日活をクビになった」鈴木

清順なので、そこを裏切ってはいけないと、、

本当は清順さんは往年の日活撮影所時代みたいに「上」に商業映画を分かってる職業プ

ロデューサーがいて手綱を締めて、その中で敢えて逆らってみる、、

そういうのがやりたかったんじゃないの?

、、でも70年代以降はそういう「良くも悪くもガチガチの商業プロデューサー」

みたいな人がもういない、、あるいは古くからの人もみな商業映画に対する「勘」

は鈍ってしまい手綱裁きも覚束ない、、

結局は映画復帰後は「みんなが期待する『何処かヘン』『アート系』な鈴木清順」

を自ら演じ続けただけでは?、、

清順さんも晩年は「日本にはもう往年の撮影所的な商業映画作りの体制・人材がほぼ無い」

ことをボヤいてたらしいけどな、、

というかトリュフォーの『アメリカの夜』の試写に小林が行ったら清順さんがいて、

「あの雪(に見える泡)を一気に出す機械、日本にはないんだ」と言ったんだっけ?

これも内心では「日本にもあの程度の機械があればなあ」と嘆いてるわけで、、

スレチだが俳優としての清順さんは加藤治子と共演の井沢満脚本『みちしるべ』、、

あとは全く似てないのに何故か「円谷英二」になった市川森一脚本『私が愛したウルトラセブン』

、、この辺かな、、

「この世、人生は全て儚い夢」が市川森一の一貫したテーマだったから、そこで敢えて

全く似てない「一期は夢よただ狂へ」の鈴木清順を「円谷英二」にする、、

、、そこが市川森一のセンスであり(これもまた現実の円谷とは違うファンタジー

という)アイロニーだったんだよね、、

603無名草子さん2017-03-20 18:18:13

浜渦って関西大学卒なんだな

ろくな人材がいないどころか

野々宮、籠池、浜渦と三人を輩出した責任で関西大学は廃校になればいいのに。

まあ大阪自体がダメなんだが。

694無名草子さん2017-04-10 23:00:16

関西大学社会学部植條ゼミ

709無名草子さん2017-04-13 22:58:56

テレビは観ないと仰ってた御大の読者世代が

テレビを見る暇がない皮肉

714独り言a.k.aでんでん ◆rI5oCip.d6 2017-04-15 03:16:12

>>709

>御大の読者世代

う〜ん、具体的にどの辺の年齢層のことかなあ?

退職世代は暇だからTVばっか観てる人も多いけどね。

というかいまTV放送をリアルタイムで観て居るのは、

A:スマホもタイムシフト視聴(録画機)も使えない中高年層

B:スマホのついでに「ながら観」している層

、、この2層しかいないんだよ。

だからTV番組もこの両極の層を意識した「ナマ報道ワイドショー」あるいは「池上彰・

林修的時事教養バラエティ」こういうものばかりになってきている。

要するに「ジジババ、あるいはスマホをいじってる人」がボーッと観てても何となく分かる様な番組

ばかりということ。4月から始まったNHKの船越英一郎司会昼バラエティもまさにそんな感じ。

『やすらぎの郷』も『徹子の部屋』に続けて観て貰える様な時間帯に編成する事で

辛うじてオンエアに漕ぎ着けた、、今はTVドラマはリアルタイム視聴率が本当に出ないんだよ。

ジジババやスマホながら観層は粗筋を追うのが面倒だし、かといってじっくり観た

い人は録画で観るからねえ。。。

711無名草子さん2017-04-14 14:53:15

金がないからクイズ番組と情報バラエティと芸人内輪受けしかないから。

意外に面白いのは素人さんが出てくる番組。

「ブラタモリ」「家族に乾杯」「モヤモヤさまぁ〜ず2」「家、ついて行ってイイですか」

など。

もう芸人とか俳優とかダメなんだろうな。芸能人じゃなくて芸能界人だから。

716独り言a.k.aでんでん ◆rI5oCip.d6 2017-04-15 03:18:20

>>711

でもそれも結局は(小林が『日本の喜劇人』で書いていたような)大昔に萩本欽一が

始めた素人イジリドキュメンタリー演出そのものですよねえ、、

今のTV人がその辺を意識しているかは不明だけど、、

まあ80年代以降はその種の演出も普通になって「ルーツ」を知らないTV人たちが

無意識のうちにその辺をなぞってるという事だろうけど、、

>もう芸人とか俳優とかダメなんだろうな。芸能人じゃなくて芸能界人だから。

「芸」そのものはもう視聴率にならないんだよね。

それは80年代の『ひょうきん族』の時点で芸人たちがワイワイ騒いでるだけの

番組で視聴率が取れることが分かっちゃったから。

当時のフジの横澤Pが多忙なタレントたちのスケジュールを取る為に「週に1日

だけスタジオに遊びに来る感覚でいいから来てよ」と取り敢えずキャストを集めた、、

それでああいうアドリブ主体のノリになっちゃったらしいけど。

「俳優」にせよ、TVドラマはもう視聴率が出ない時代なので、、

もう「芸」「芝居」それ自体は視聴率にならないんだよ。「数字」になるのはそれ

らともまた異なるタレント個々の「キャラクター」とかそういうもの。

そして「自分はもう何もしない、でもその場を適当に段取れる」人だけが「大御所」

になって残ってる、、さんま、たけし、所、タモリ、、

そういう観点から見ると特にタモリの「自分は何もしてない、でもいるだけで何となく場が持つ」

キャラってやっぱ凄いんだろうなと、、たけしも既に「置物」化してるけどな、、

720無名草子さん2017-04-15 19:39:58

>>714

確かに、コアな御大読者世代ってどの辺りだろうね

かなり前のこのスレのタイトルで

「昔憧れてた叔父さんがちょっと呆けてきたのを生暖かく見守るスレ」

を標ぼうしてたけどw

717無名草子さん2017-04-15 08:44:16

>>716

おじいちゃんは社会に居場所はあるの?

822無名草子さん2017-05-13 08:43:21

週刊文春の連載の休みって、

同じ号の別のページに出てるから、という理由のを除くと

(つまり体調のせいと思われるやつは)今回で3度目くらいか

870無名草子さん2017-05-26 01:58:16

日本橋バビロンのサイン会ってもう10年も前なのか

あの頃はまだこのスレもまともに機能してたよな

サイン会後のオフ会の話とかもあって和気藹々としてた

あれだなオジさんが出てからおかしくなったんだよな

875無名草子さん2017-05-26 19:20:57

>>870

懐かしいな

もうそんな昔なのか

一行空けは可愛げがあったが

あれだなおじさんのせいで

一時廃墟になってしまったからなぁ

886無名草子さん2017-05-27 16:17:42

キチキチバンバン

性別 男性

現住所 大阪府大阪市

年齢 53歳

誕生日 05月12日

出身地 大阪府大阪市

趣味 映画鑑賞, スポーツ観戦, お酒, 読書, マンガ

職業 自営業

所属 ムービーメーカー

趣味は映画です。

好きな監督はフランシス・F・コッポラ。

「ゴッドファーザーPARTⅣ」を撮るために彼はこの

世に産まれてきた、と思っています、勝手に。