《怒》西条昇、いい加減に汁!

1重要無名文化財

こいつ円歌の元弟子。(歌寿美 昭和50年代後半)

1度やめ、次きた時も小言も

言わず向かえ入れてくれたのに、

挨拶もなしにトンズラ。

みたこともない昔の事も分かったような

評論してやがる。

伊集院光も円楽の弟子だった事を長い間

言わんかったが、

噺家くずれが偉そうにすんな、

この恩知らずの畜生!!

217重要無名文化財

>>1

2重要無名文化財

どうでもいいが伊集院は楽太郎の元弟子。

3

>>2 えっ、じゃあいつ深夜のスポーツ番組で

『円楽師匠の弟子で楽大という名前でした』

っての嘘か。

7重要無名文化財

>>3

ホントにそう言ってるなら、嘘だ。

言ってないと思うけど。

4アエラ表紙から駄ジャレが消えた。

落語界は日本のプロ野球。西条くんは大リーガー。

元いた斜陽球団には恩義や義理は一切無い。ちな

みに鶴瓶は新城選手。

5

>>4 afo!

大リーグ逝って戻ってきて働いてるの

いくらもいる。

斎場は今でもお前のいう斜陽(古いお笑い)

のこと書いて食ってるのも分からんか?

それも小林信彦のコピーでだ。

123重要無名文化財

昇、最近見ないなあ。死んだのか。

125重要無名文化財

>>123

大学で講師してるってさ。

お笑い芸人“長年の恋人と添い遂げるワケ”

10月15日10時0分配信 日刊ゲンダイ(Yahooニュース)

意外といったら失礼か。お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキー(35)が9日、8年間付き合った一般人女性(33)との結婚を発表した。

男としてケジメをつけたわけだが、ワッキーのように、下積み時代からの“古女房”と添い遂げる芸人は少なくない。

3月にはカンニング竹山(36)が10年愛の恋人と、5月にはギター侍の波田陽区(32)が、元保育士の女性と12年間の交際を経てゴールイン。

ナイナイの矢部浩之(35)もフラれこそしたが、15年来の女性に求婚した。

お笑いブームで芸人がモテモテのご時世。「インパルス」の堤下敦(30)のようにモデル美女だって落とせるのに、なぜなのか。

江戸川大学お笑い学講師の西条昇氏は「大成する芸人ほど、目上の人や世話になった人に義理堅い」とこう言う。

「お笑い界はベテランから若手まで芸人がひしめき合っています。

一歩抜きんでるには、仕事に取り組む謙虚な姿勢、周囲への気配りや協調性、バランス感覚が必要。

結局は、真面目で芯の強い人だけが生き残れるのです」

それに、女性を大切にするイメージが定着すれば、女性ファンも増える。

もっとも、そのウラでは、遊ばれて捨てられるオンナも山ほどいるかもしれないのだが……。

162重要無名文化財

駅弁大学の講師が呼ばれるわけがない。っていうか、このおっさんは

お笑い関係ライブでは出入り禁止。

174重要無名文化財

大学講師とは名ばかり。お笑いダニみたいな生活してるよ。

218重要無名文化財

>>174

255重要無名文化財

ヴアビアンシヨウに出てたよね、特だしやってたの

338重要無名文化財

タモリと赤塚不二夫の関係などネットで検索すれば解ること、わか

348重要無名文化財

円歌師匠の所にトンズラした西条、噺家崩れ告別式にわ、どんな面して行くのか見ものだよ

350重要無名文化財

>>348

いや、わからんよ。

先代・金馬を毛嫌いし評価

しなかった安藤鶴夫は平然と

現れたそうだし、

また、先代・馬生の葬儀には

大西信行が来て、玄関を出た途端

弟子達に塩を撒かれたと伯楽が

落語会の打上げで語ったのを

俺は聞いたぞ。

355重要無名文化財

何が圓歌師匠の追悼文たのまれただ、さんざ迷惑かけ不義理して線香も上げに来ない不届きものインチキ評論家、二度と知ったかぶりで圓歌師匠の事わ書くな。

395重要無名文化財

みおり舞、太鼓腹バレリーナ二の腕が凄すぎAV体の柔軟性だけ所詮特だしストリツパ—

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする