川島雄三2

1この子の名無しのお祝いに2012-06-13 12:34:58

還って来た川島雄三スレッド

マエスレ

11この子の名無しのお祝いに2012-06-15 16:54:14

俺も「青べか物語」大好き。DVD化してほしい・・。

幕末太陽傳もおもろい。デジタル修復版買ってもう何度も見てる・・

でも特典DVD内容薄いなあ・・

落語はいらないからスタッフキャストインタビューもっと収録してほしかった。

梅野泰靖のインタビューおもろかった。

24この子の名無しのお祝いに2012-06-18 04:42:47

「これも評判はよくありませんでしたが僕としては好きな作品です」

自作を語るより女は二度生まれるについて

25この子の名無しのお祝いに2012-06-18 18:40:45

>>24

23ですが、それじゃ私の間違いです。

今度、図書館行って借りてきて読み直してみます

あと、これは個人的感想ですが「女は二度生まれる」は悪くはないけど、川島作品としては物足りない気がしますね

31この子の名無しのお祝いに2012-06-19 23:11:06

池野成インタビュー『川島雄三監督』

どちらかというと、とっつきにくい方で、あまり喋らないのですね。ダビングでも、黙ったままでただ時間が経って行く。

誰かが「今のでいいですか」なんて言えば、悪いなら悪いと言うんですけれど、それも必要最低限の言い方なんです。

それから凄い皮肉屋さんで、当時、小林さんという助監督がいたのですが、ダビングが終わったとき、「今回はお役に立てずに申し訳ありませんでした。お疲れさまでした、監督」って言ったんですよ。

そうしたら「お役に立てませんでというのは、お役に立った人の言うことだよ」なんてね(笑)。

私のモットーは「監督に腕あり」なんですが、川島さんについては有名な監督とは知っていましたけれども、作品自体は仕事で御一緒するまで拝見していなかったんです。

だからどういう映画を撮る人かなんて思いましたけれど、ラッシュを初めて観た時は感激しましたよ。やはり腕のある監督だなと。

37この子の名無しのお祝いに2012-06-21 12:09:43

>>31

音楽の面から見た川島雄三作品の話、おもしろいですね。

そのインタビューはどこに掲載されていたものでしょうか?

38この子の名無しのお祝いに2012-06-21 13:25:36

>>37

「池野成の映画音楽」というCDのブックレットです。

吉村公三郎監督や山本薩夫監督の作品についての他、川島作品では「しとやかな獣」と「イチかバチか」に触れていました

41この子の名無しのお祝いに2012-06-22 11:20:20

>>38

ありがとうございました。CDはもう売り切れなんですね…残念。

「しとやかな獣」「女は二度生まれる」「青べか物語」などなど印象に残る音楽が多いですね。

47この子の名無しのお祝いに2012-07-11 12:33:35

川島後期だけかと思ったらニコニコ大会にも出てるんだね

48この子の名無しのお祝いに2012-07-13 18:08:42

>>47

短編だし、滅多に観る機会のない作品だからどういう役なのか気になるね。

TVでも名画座でもいいからどこかでやってくれないかなー

60この子の名無しのお祝いに2012-09-23 14:21:11

真実一路のラストわかりにくいな

ヨシオが囮に見えない

62この子の名無しのお祝いに2012-10-02 07:12:04

「風船」見たよ。なんかちょっとダラダラ長いなと思ってしまったり(;‾ー‾A

でも三橋達也かっこいいねえ。

芦川いづみはもうそのまま蕎麦屋で働けそうなくらい可憐だねえ。

64この子の名無しのお祝いに2012-10-02 08:39:23

>>62

それは「洲崎パラダイス赤信号」じゃないのか?

風船の三橋はあまりにダメ男すぎるし、いづみはとても蕎麦屋で働けそうなキャラじゃないと思うが

65この子の名無しのお祝いに2012-10-02 09:36:28

>>64

いやいや、さっき見た映画なのに間違えるはずないでしょ〜(;‾ー‾A

左幸子んちの2階(今でいうロフトみたいなとこ?)においらも住みたい・・・

73この子の名無しのお祝いに2012-10-26 21:57:32

佐平次が相模屋から出て行くときの不気味な静けさが好き

それまでの喧騒から一気に冷える

女は二度生まれるのラストにも似たものを感じる

114この子の名無しのお祝いに2014-05-07 18:19:58

5/12から新文芸座で特集でげす。

低料金2本立ての名画座-新文芸坐の上映プログラム情報です。

120この子の名無しのお祝いに2014-05-14 22:32:06

DVD化されていないのにどうやって置くの?

いまどきVHSですか?

123この子の名無しのお祝いに2014-05-15 20:20:03

>>120

すまん。

どこかで上映中ですか?

124この子の名無しのお祝いに2014-05-16 11:47:54

>>123

>>114です

151この子の名無しのお祝いに2014-09-24 11:10:28

洲崎はむしゃぶりつきたくなる。

206この子の名無しのお祝いに2015-04-08 18:29:37

つべにとんかつ一代

これが遺作だっけ?

220この子の名無しのお祝いに2016-01-13 04:52:21

>>206

消えてる;;

どなたか再うpできませぬか・・・

210この子の名無しのお祝いに2015-06-21 16:41:48

>>206氏のレスの影響で先ほど『とんかつ一代』をYouTubeで観た。

ここでは2500人近くの鑑賞記録。なかなか面白い喜劇でした。

ただ見させて頂いたので、せめて「いいね!」マークをポチッて来ました(笑)。

230この子の名無しのお祝いに2016-09-13 12:17:37

名作を観て虜になるけど、あとは観れば観るほどガッカリしてしまうw

その後の漫画家やアニメーターたちに多大な影響を与えているであろう事はわかるけど、

と同時に、後世の”つまらない邦画”の源流でもあるんじゃないかな

つまらない邦画のプロトタイプを作ったというかw

233この子の名無しのお祝いに2016-10-03 23:20:48

>>230

ツマラナイ映画なんて、他の監督の作品でも沢山あるでしょ

なんで、川島が源流なの?

234この子の名無しのお祝いに2016-10-04 01:52:18

>>233

”つまらない邦画”、とダブルクォーテーションで括った意図を汲んでもらいたいね

わかんないならいい

多分”つまらない邦画”を観た事がない幸せ者だろうから、言っても伝わらない

235この子の名無しのお祝いに2016-10-04 03:22:02

川島が個人的に面白いなら別に文句言わないよ

全員が面白いとは思わない

それを真似して押しつけても面白くないということ

川島映画押しつけてくるやつはそこを考えよう

236この子の名無しのお祝いに2016-10-06 09:49:56

>>235

まあ、山田洋次が苦手って人もいるしねえ。

万人向けの映画監督なんてそうそういないんじゃないかな。

(滝田洋二郎あたりがそれに近いのかな?)

261この子の名無しのお祝いに2016-10-18 20:29:05

大映の3本と日活の「洲崎」や「愛のお荷物」

東宝の「暖簾」「貸間あり」

この辺は見てるし、他に何本か見た

松竹のは見てないな

松竹作品を知らずして川島を語るなかれと言うならそうだろう

266この子の名無しのお祝いに2016-10-22 11:04:46

山田が日本の映画百選で松竹時代から2本も選んでたが

あいつは本当にセンスがないと思った

>>261はおそらくソフト化されたのは全て見てるのだろうけど

松竹時代よりは東宝時代の青べか物語、人も歩けば等の

ソフト化されなかった佳作を見ずして語るなかれと言うべきだ

そもそも洲崎やしとやかな獣を見て幕末だけが高評価なんて人間が居ることが信じられない

松竹時代のは別に見ても観なくてもいいと思う

268この子の名無しのお祝いに2016-10-22 21:46:43

>>266

その気になりゃ、松竹も東宝もDVD出せるはずなんですけどね。。。

とくに東宝の方は。

わりと普通に名画座ではかかってるし。。。

286この子の名無しのお祝いに2017-06-17 23:11:45

「イチかバチか」観てきました。

ハナ肇市長のセンスは悪くないね。

あそこだったら、トヨタというデカいお得意先が控えてるんで。。。

(実際、あの辺からちょっと西の知多半島の付け根は製鉄所や製鋼所が多い)

まあ、この辺は城山三郎の手柄だと思うけど。。。

なにしろ城山三郎先生の経済小説が原作だから、あんまし川島雄三のキャラクターは

出てこないかなと思ったけど、ハナ肇はしっかり川島雄三の世界の人だったw

やはり変人社長の伴淳三郎と競演といった感じ。三番手の高島忠夫は伴淳と因縁が

あるキャラクターなんだけど、やや印象が薄くて残念。

社長やオーナーにケチというキャラクターは多いけど、それにそそっかしいを付け

くわえるのが面白いかな〜、と。

288この子の名無しのお祝いに2017-06-19 08:02:04

>>286

ラピュタで見たら「国有地をタダ同然で払い下げてもらって…」というセリフで笑い声が起こった

時事ネタかな

289この子の名無しのお祝いに2017-06-20 12:14:41

邦画・Vシネの典型的なお寒いセンスの基礎を築いた家元

291この子の名無しのお祝いに2017-06-21 07:02:18

川島にくっついてたスタッフの中には、粋だの風流だのを気取って斜に構えてみたりくそつまらない冗談を言ったりする輩が何人かおり

彼らにかなり悪影響を与えたかもしれない。

森田芳光や金子あたりを観てわずかに川島っぽさを感じたりしても、川島の方がまだ面白い場合がほとんど。

Vシネとは関係ないんじゃないか?

三池崇史が内輪だけ楽しんでるような事するのはよくあったけど川島にそういうのはない(自分だけがこっそり含み笑いみたいなのはあると思うけど)から。

293この子の名無しのお祝いに2017-06-22 21:54:47

>>289 >>291

Vシネマよりは単館系の方に影響が強いかな…と。。。

いわゆる「重喜劇」のはじまりの一人といわれてるので。。。

西川美和の『蛇イチゴ』とか、橋口亮輔の『恋人たち』とか。。。

あと、監督名忘れたけど『川の底からこんにちは』なんかもそうかな。。。

作風はずれるけど、ある種の性悪説的な人間観や世界観は似てる気がします。

巷に存在する「変わった人たちが繰り広げるドライな人間ドラマ」の端緒が

川島かも。。。とあくまでも私感です。。。

川島のはもっとネアカで楽観的な感じですね。本当に喜劇のスタンスに近い。

ただ、それは弟子の今村昌平(こっちの方がむしろ影響が強いと思われる)

とかも含めての話で、直接的な影響とかではあんまりないと思う。

295この子の名無しのお祝いに2017-06-22 22:24:21

>>293

なんとなく言いたいニュアンスはわかるけど

端緒というなら市川崑の方がしっくりくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする