和田秀樹先生

1神風2014-11-23 19:08:52

和田秀樹先生は天才である。

24名無しさん@お腹いっぱい。2015-02-15 10:59:11

斎藤公智

46名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-11 12:41:02

勉強法ってのは、参考にすべきですよね。万人に向いている方法なんてあるわけない。

そういうことがわかってない人! いるんだよなー

76名無しさん@お腹いっぱい。2015-11-13 17:00:02

>>46

> 万人に向いている方法なんてあるわけない

一番わかってないのが和田w

79名無しさん@お腹いっぱい。2015-11-16 07:51:49

そうすれば、上手くすれば早慶に、順当に行けばマーチに、最悪でも日東駒専には現役で合格できただろう。

91名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-27 16:09:52

>>79

どこまで消化不良おこしてるんだよw

82名無しさん@お腹いっぱい。2015-12-13 14:26:02

数学、英語に限定すれば、中3で高校3年の範囲まで終わる連中は結構いるよ

146名無しさん@お腹いっぱい。2016-10-15 09:48:12

83 名前:大学への名無しさん[] 投稿日:2015/01/20(火) 09:20:10.32 ID:ZcMUAs7Y0 [1/4]

>>82

自分のなかで迷いがあった

「数学の成績をもっと伸ばすには?」という

葛藤が常にあった

校内偏差値54では、東北大、筑波大理系が限界

私はもっと上を目指した

できれば、東大理科一類、それがだめなら、京都大工、東工大を目指した

事実、高校二年生のときに受けた、河合塾の模試では、志望:東工大として

成績優秀者に名前がのったこともある

あの調子で、勉強していれば、上手くいけば東工大、悪くても、

東北大、筑波大の理系に進めた可能性はある

たしかに、暗記数学は、解答を丸写ししているうちは、

「理解できたつもりになって、数学ができるようになる幻想」が

抱きやすかった

でも定期テストや模擬試験をうけると、散々な成績がかえってきた

暗記数学をやっている最中には、たしかに

「こんな難しい問題を理解したのだから、数学の成績は上がるはずだ」

という幻想を抱きがちだった

それが「騙された」最大の原因

92名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-04 15:31:37

授業もろくに聴いてないので未だに不全感が抜けないのだろうか

94名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-06 15:41:46

和田秀樹でいくか

オーソドックス(予習・授業・復習・学校配布の課題・参考書)でいくか

決めるのは読者だろう

和田秀樹が強制したわけではないだろう

133名無しさん@お腹いっぱい。2016-10-14 13:21:26

>>94

まあ信じた学生も愚かだったけど

信じた者は合格し、疑った者は落ちた

まずこの本に書いてあることを信じることから始めてほしい

なんて宗教じみたことを言ったのは間違いだったと思う

俺は和田には宗教者の才能があると思ってるがね

97名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-19 22:17:47

頭の良しあしは関係がないが

記憶力の良しあしは関係がある

ものすごい記憶力が必要

凡人には無理だろうか

101名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-26 00:19:57

麻生って何?

川崎の県立バカ学校か???www

103受験英語マニア2016-04-26 07:04:14

>>101

訂正します。

麻生→麻布

122名無しさん@お腹いっぱい。2016-08-30 04:44:19

次女も受かってるよ

123名無しさん@お腹いっぱい。2016-08-30 13:29:06

>>122

ソースは?

124名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-17 14:51:36

受験は要領

129名無しさん@お腹いっぱい。2016-10-11 22:25:42

劣等生だと言っていたくせに基礎が身に付いているのは当然だと思っていたとかふざけるな

130名無しさん@お腹いっぱい。2016-10-13 04:38:42

>>129

その話、何ていう本に書いてある?

132名無しさん@お腹いっぱい。2016-10-14 13:15:45

>>130

横からだが

劣等生なら『受験は要領』だと思うよ

>本書は「絶望的な劣等生だった自分を東大理Ⅲ現役合格に導いた」と著者自ら語る驚異の勉強法を公開!

受験は頭のよしあしではなく、必要なのは“暗記”と“要領”。数学ならば問題を解かずに解答法の丸暗記で突破する究極の受験術を公開。

139名無しさん@お腹いっぱい。2016-10-15 00:22:09

>>130

公立高校の東大合格力を高める本 和田秀樹

一九七九年春、私は東京大学教養学部理科Ⅲ類に合格した。

ずっと模試などでA判定を取っていたので、当然受かると厚かましく考えていた。

(中略)

その年、灘高校からだけで、東大の理科Ⅲ類に一九人もの合格者を出した。

(前略)やるべき勉強が一人一人違うのであれば、たとえば学校で必要のない授業を

やってる場合は賢い受験生なら、内職をしたり、休息の時間に充てたりするだろう。

予備校や塾であっても、自分に必要のない講義だったり、(中略)これ以上やっても

無駄だとか判断したら、その科目をさぼるかもしれない

134名無しさん@お腹いっぱい。2016-10-14 15:52:56

>>132

「基礎が身に付いているのは当然だと思っていた」という記述も『受験は要領』に書いてあるのかな?

135名無しさん@お腹いっぱい。2016-10-14 16:17:18

>>133

その程度ではそのうちすぐに終る

136名無しさん@お腹いっぱい。2016-10-14 17:41:36

>>134

いや、和田秀樹のことだからそういうわけのわからない言い訳しないとは言い切れないけど

勘違いか拡大解釈かだと思うよ

なぜなら『受験は要領』でこう書いてるからね

>受験にまつわる迷信のひとつに、「受験勉強とは基礎からコツコツ積み上げていくものだ』という考え方がある。

>つまり、受験では「まず基礎力をつけて、それから応用力を身につけ、さらに受験レベルの問題にあたって、ついでに難問も…」という方法論だ。

>これでは、一日10時間勉強しても、5時間睡眠でがんばっても、時間が足らないのは当然である。

その後

・受験は基礎が大事

・基礎からコツコツ積み重ねないと学力が伸びない

・基礎に戻って勉強してた生徒を叱った教師に対して怒り

と真逆の主張に寝返ったのはご存知の通り

情報が必要ならコピペする

160名無しさん@お腹いっぱい。2016-12-02 07:58:40

斎藤

公智

172名無しさん@お腹いっぱい。2017-03-25 23:33:38

灘出身じゃないけど一応進学校出身ですが…高2で高校範囲終わるくらいやっとかないと、高3で余裕ないじゃない。そんなこと普通だろ

174名無しさん@お腹いっぱい。2017-03-26 07:30:26

>>171, >>172

私がいた高校では一人の国語教師が現代文・古文・漢文の3つを受けもっていたよ。

また、社会は全科目が全範囲を終えなかった。具体的には、教科書の7割くらいしか終えていなかった。

176名無しさん@お腹いっぱい。2017-03-26 16:45:54

>>172

教育後進県の公立だと県内トップ高でも、

高3の3学期にギリギリ履修範囲を終わるくらい。

酷いものだよ。

だから現役合格率が無茶苦茶悪いのに、

地頭は悪くないからみんな浪人して予備校で鍛えられて、

最終的にその高校の有名大学合格者数はソコソコになってる。

177名無しさん@お腹いっぱい。2017-03-26 20:05:40

>>176

それこそ、先取りでやること教えてやればいいのに…特に数学は易問やるだけでいいから早く最後までやって、全体像がわかってから難問やる方が習得早いし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする