蜜のあわれ二階堂ふみ×大杉漣

1名無シネマ@上映中2016-03-21 03:28:04

映画『蜜のあわれ』公式サイト。2016年全国ロードショー

3名無シネマ@上映中2016-03-28 02:28:42

試写会で観たけど良かったよ

これぞ邦画って感じで

18名無シネマ@上映中2016-04-02 21:53:26

もうちょっと映像を暗めにして、女性陣はゆっくり喋ってほしかった

けど、台詞回しとか赤子の衣装の変化とか、美しかったな

あと高良の芥川が意外なくらい良かった

25名無シネマ@上映中2016-04-05 04:48:48

二階堂ふみを超えられる女優はついぞ現れないだろう。素晴らしいのひとこと。隅から隅まで二階堂ふみに関しては減点のない映画だった。彼女の役に対する愛を垣間見られる良作。多くの人に観てもらいたい気持ちとわたくしだけの心に留めたい心の拮抗する複雑な映画といえる。

最近はバラエティーでも彼女の屈託のない笑顔が見られるが、彼女の強さとたおやかさとしなやかさを観られるのは銀幕だろう。平成の世で唯一「映画女優」を名乗れるひと。

彼女がいる限り、これからの日本の映画界はおおよそ間違いなく安泰だ。

金魚のダンス、ふわり模倣して、ゆっくりと夜。

26名無シネマ@上映中2016-04-05 07:48:03

なにこれ?

27名無シネマ@上映中2016-04-05 08:22:23

>>25

ガマの油からずっと二階堂ふみを見てるが完全同意

多才というかどんな役をやっても魅せてくれるよな

今日、もう1回金魚ダンス観てくる

>>26

×なにこれ?

○何者

28名無シネマ@上映中2016-04-05 14:16:46

この映画是非とも高橋ジョージに観てもらいたい。

そして感想を聞きたい。

まるっきりあの夫婦だわ。

31名無シネマ@上映中2016-04-05 23:49:20

>>28

どこが?

まるで違う

33名無シネマ@上映中2016-04-05 23:58:03

>>31

漣さんがキレながら未練押し付けるとこだけ印象に残ったのでしょうね

36名無シネマ@上映中2016-04-06 00:13:43

幻想文学なんだから現実感を排除して物語の世界に迷い込ませるのが正解だろ

原作未読なんだろうけど、大概ナンセンスな指摘だわ。

37名無シネマ@上映中2016-04-06 00:14:57

この映画でひとつだけ残念だったこと

遠景に現代風の建物が映り込んでたこと

高良と大杉漣の絡みの場面での大広間の天井にどうみても最近の空調の噴き出し口と点検口が映り込んでたこと

38名無シネマ@上映中2016-04-06 01:07:11

>>37

意識的に時空を交錯させてるのを気付かないなら、まだまだだね

39名無シネマ@上映中2016-04-06 01:39:42

>>38

センパイすげえッス

40名無シネマ@上映中2016-04-06 06:40:08

プリケツはAV嬢が替え玉だよね

42名無シネマ@上映中2016-04-07 15:00:23

>>40

あそこまで脱いでてそれはないだろw

真木さんの幽霊も切なさが漂っててよかったなあ

47名無シネマ@上映中2016-04-09 14:19:16

小魚パフェみたいなやつは不味そうだったな

48名無シネマ@上映中2016-04-09 14:28:24

>>47

煮干しが刺さってたやつかw

55名無シネマ@上映中2016-04-10 19:44:57

今の回のバルト9に9割くらい入っていたね

若い人達も沢山でちょっと驚いた

もっと上映館増やせよ勿体ない

4回目で初めて気付いたがバーテンも人間じゃないよね?

57名無シネマ@上映中2016-04-10 20:03:42

>>55

>バーテンも人間じゃない

すげえ細かいとこまで見てるな

気がつかなかった。

59名無シネマ@上映中2016-04-10 20:13:03

>>57

いやさっき横移動の仕方が異常じゃねえか?って、原作注文したばかりで未読だけど

あと漣さんが芥川の酒を拒んだり幽霊さんと会おうとしないのは死に対する抗いだよね

最初はなんて冷たい奴だと思ったが

62名無シネマ@上映中2016-04-11 14:56:57

蜜のあわれは演出や効果音がくどいように感じた。

せりふ回しや衣装で、二階堂さん演じる少女は現実の存在じゃないことは充分察することは出来るのに、金魚であることを強調するような

水の泡の音とか、二階堂さんがしゃべるときブクブクいうやつとか。あと突然ダンスが始まったりとか。

せっかく綺麗な日本家屋や庭園がいい雰囲気を出しているのに、それらの音が入ってくると興がそがれる思いがした。

もしかしたら主人公の錯乱した心象風景を表現したかったのかもしれんけど、自分としてはもっと普通の会話劇のようなものが見たかった。

原作知らないんですけど、知っている人はどういう感想をもったんだろう。気になる。

63名無シネマ@上映中2016-04-11 22:24:24

二階の割れた鏡はなんだったんだろう?

64名無シネマ@上映中2016-04-12 00:07:47

>>63

「或る少女の死まで」「杏っ子」新潮文庫の「室生犀星詩集」

Amazonでこの辺も併せて解説とレビューを読むだけでも解るかも知れない

>>62

ある意味、原作も淫語責めだから

75名無シネマ@上映中2016-04-13 13:13:14

小悪魔っぽくて良かったけどなあ

77名無シネマ@上映中2016-04-13 13:54:25

>>75

前半はそれで良かったと思う

でも徐々に変化していくという流れでも良かったと思う

特にラスト辺りは作者の意図を離れ成長し子を宿すまでになるのだから

作者をも飲み込むような懐の深さというか大人の雰囲気を出せたらなお良かったかと

それであれば複数の女性が投影されているという設定も活きてくる

一応濡れ場にそうした意図が含まれているのかもしれないけどね

でもその後また小悪魔というか小娘的なキャラで一貫しててちょっと単調に思えた

78名無シネマ@上映中2016-04-13 13:58:15

ケチをつけるということは愉しいものでございます、って人は何に対してでも必ずいるから放っておけ

まるで何処かのレビューのコピペみたいなのもあるが(笑)

原作本がやっと届いた

陶器を愛でる話が冒頭に掲載されてる

他にも犀星が拘った諸々が映画に登場していたね

81名無シネマ@上映中2016-04-13 20:52:30

>>78 じゃないけど先週図書館で借りた原作を今日読み終えた

まず作者の後書きを除くと全部会話体なのに驚いた

作者が映画化を前提に書いたらしく、シナリオを読む感じ

ただ情景、心理描写がなく会話から想像しないといけない

その会話から推測すると舞台は金沢でなく東京だね

映画が舞台を金沢に変えたのは風情が出て良い改変だと思った

また、おじさま、赤子、女幽霊の三角関係だけで、映画のように他の女性は出ない

特に赤子の話す言葉がみずみずしく、映画の良さもこの原作のたまものだとわかるよ

原作本と宣伝されている文庫は借りられるべくもなく、在架の古い全集から室生犀星集を借りた

旧仮名、旧漢字で読むのに苦労したけど、口絵の昭和24年当時の軽井沢の別荘が

映画の住まいとそっくりだったから、そのネタ元を知られて得した気分になった

全集なので次は二階堂も読んだという「性に目覚める頃」を読む

80名無シネマ@上映中2016-04-13 14:38:28

松田優作とゴリさんで飲んでるときに

隣の席で何処かの劇団員が演劇論を交わしているのにブチ切れたのを思い出した

がんばれ

>>78

読み終わったら一言感想なりよろしく(・∀・)

84名無シネマ@上映中2016-04-14 02:00:21

>>81

田村ゆり子を実体化させたのがアパート住みの丸田丸子じゃないかな〜ってここまで読んで思っている

83名無シネマ@上映中2016-04-14 01:42:25

原作

講演会が終わってお店で水(笑)を飲んでるところまで読み終えた

1番感動したのは二階堂ふみが金魚の役にのめり込むために1行も無駄にしてないで読み込んでいたということ、素直に脱帽!

バーテンさんの店は・・・銀座の不二家みたいな感じに描かれていたのね

昭和34年だと真木さんが飛び込むようなお堀は残っていたのかな?

>複数の女性が投影されている

これはどうだろ・・・?

85名無シネマ@上映中2016-04-14 07:36:49

>>83

ロケ地の加賀市大聖寺は昭和30年代からあまり変わってません

90名無シネマ@上映中2016-04-15 20:44:56

>>83

銀座が川に囲まれていたことがわかる京橋図書館の郷土室だより

https://www.library.city.chuo.tokyo.jp/pdf/area/hashi02_101-121/kyodo_114.pdf

昭和34年だとちょうど外濠が埋め立てられる頃かと

昭和を生きた犀星にとって、小説中の銀座はこの地図のようなイメージじゃないかな

北なら外濠、南なら三十間堀、東なら京橋川、西なら汐留川

86832016-04-14 08:07:34

>>85

ごめんなさい

原作に出てくる銀座のバーの話でした

田村のおばさまが逃げ出して飛び込んだ先がどろどろ川

じゃあ最後まで読み終わったら

88名無シネマ@上映中2016-04-14 23:35:20

>>86

ここで実況しないでツイかブログでどうぞ

89名無シネマ@上映中2016-04-15 17:53:13

>>86

気にせずまた来てね

91832016-04-15 22:00:20

>>89

気を使わせちゃったならごめんなさい、全然大丈夫、他の本も読んでて遅くなった

>>90

丸子の逢瀬の場面でも「開発が進んでアスファルトの道路」という台詞があったし

犀星が見ていた東京の開発の様子が映画でも垣間見えるようにしていたのかな

他にも犀星の作品をみんなで読み漁って色々取り入れようとしたのが散りばめられてるね

115名無シネマ@上映中2016-04-26 10:14:26

舞台を見ている感覚に近いものを感じた

117名無シネマ@上映中2016-04-26 18:20:24

>>115

舞台化すればいいのにと思ってる

太宰治のグッド・バイみたいな感じで

受付られない人が出るくらいの毒を吐く作品が好き

120名無シネマ@上映中2016-05-12 00:02:22

>>117

うわぁ・・・

139名無シネマ@上映中2017-03-06 09:49:23

宮崎あおいには似てない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする